[Under the darknight]~デン・ハーグ編~

May 1, 2015

 

どうもです。

 

 

REMNANT初のヨーロッパ・ツアー[Under the darknight]、無事に全公演を終える事が出来ました。

各会場にお越し頂きました皆様、各国の関係者様、そして応援して下さった皆様、本当にありがとうございました☆

 

 

 

無事に終えたのは確かですが...まぁ、いろいろありました(^^;;苦笑

 

 

既にご周知の件もあるかと思いますが、日程順に振り返ってみたいと思います。

 

 

 

4/22(水)AM10時に成田を出発。トルコでの乗り継ぎを経てオランダはアムステルダムへと到着したのは現地時間のPM22時過ぎ。日本時間では翌AM6時頃...家を出て24時間位掛かった訳ですね(^^;;笑

 

空港にてエージェントのフランシスカと合流。この日はこれにて終了でした。

4/23(木)、ツアー初日はオランダ第3の都市、デン・ハーグでのライブでした。

 

サウンドチェックまで時間があったので、機材を先に会場に運んでから少し街を歩こうと云う事になり、エージェントのフランシスカ、スタッフのジョイスと共に会場に向かった訳ですが、そこで思わぬ光景に遭遇しまして(^^;;

 

 

なんと、ライブ当日だと云うのに業者さんが内壁の塗装をしているじゃないですかぁ!!爆

これには思わず笑っちゃいましたが、お客様が入場するまでに乾くのか否か、ちょっと不安になりましたねぇ(^^;;笑

 

 

機材を置いて、ハーグの街を散策。自然の緑と建物の赤茶色のコントラストに、全体的に可愛らしい印象を受けました。
 

 

 

 

 

 

 

 

早速、楽器屋を発見し立ち寄る事に。
 

元々はドラマーだったマリィさん、日本語のタトゥーをした店員さんに勧められてプレイする事に笑

その後、教会脇にあるオープンカフェにて休憩。
 

マリィさんが安定のアルコールを摂取する陰で僕はミントティーをオーダーしたのですが、これがまたガチなミントでして(^^;;

薬草飲んでる様な感覚でしたね笑

トリュフの揚げ物や羊のチーズ等、お酒のつまみ的なモノも頂きました。美味しかったですねぇ☆

オランダは一日を通して割と寒かったのですが、スタッフのジョイスをはじめ、割と涼し気な格好してる人が多くてですねぇ。やはり体温の違いによるところなのでしょうかねぇ?

 

 



サウンドチェックの時間が近づいたので会場へ戻り、そそくさとメイクや着替えをしつつインタビューを受けつつサウンドチェックしつつであっと云う間に開場時間となりました。

 

 

地元で活動しているDJ NachtraafによるDJタイムの効果もあり、日本でのイベントとさほど変わらぬ雰囲気の中でライブがスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブ終了まで大きなアクシデントこそなかったものの、個人的には弓をギターのケースに入れっぱなしにしてしまい、[Death wish]は普通に演奏して終わりました、ゴメンなさい(>_<)

 

あと、僕もマリィさんもビックリしたのですが、スモークの出方が激しくてですねぇ!笑

何か爆発したのかと思ったくらいです(^^;;笑

 

オランダ公演の模様はスタッフのキンバリーが録画・編集中ですので、皆さんにも見て頂ける機会があるかもです(^_^)

 

[Requiem]では手拍子が起こり、[La mer Morte]では手を左右に振ってくれたりと、初めて見るお客様のアクションが新鮮でした☆

 

 

ライブ終了後、DJタイムにより会場内がクラブ化する中、お客様との記念撮影や物販応対等を済ませ、ツアー初日を終えました。
 


 


 

 

 

 

 

 

 

 

ライブ終了後、関係者と軽く打ち上げをしている最中、眠気に耐えられなくなり独りドロップアウトしました(^^;;笑

 

 

オランダでの楽しい時間も束の間、翌日午前には次の開催国、オーストリアはウィーンへと旅立つのだなぁと後ろ髪を引かれつつ眠りに就くのでした。。。

 

 

 

†次回、ウィーン編に続く†

















































 

Please reload